ナビゲーションをスキップ

ご相談の流れごそうだんのながれ

  1. 相談予約

    法律相談をご希望の方は、まずはお電話ください。

    大まかなご相談内容をお聞きした上で、相談日時を決定いたします。

    • ご予約はお電話のみ承っております。
    • 電話での法律相談は承っておりません。ご了承ください。

    お仕事等のご都合で、平日昼間にお越しいただくことが困難な方は、夜間でも調整いたしますのでその旨ご相談ください。

  2. 相談準備

    相談内容に関係する資料(契約書、請求書、相手方から受け取った書面、家族問題の際には戸籍謄本等)、相談内容の概要・経過等を記したメモ等をご準備いただいた上で、お越しいただきますと相談がスムーズに行えることがあります。

  3. 法律相談

    ご予約いただいた日時に事務所にお越しいただき、ご相談内容をお聞きいたします。ご準備いただいた資料等をご持参ください。ご事情を伺った上で、問題解決に向けた対策をご提案いたします。

    相談料は、30分5000円(税別)ですが、平均的な相談時間は1時間程度です。なお、法律相談のみで問題が解決する場合には相談料のみをお支払いいただき、その後の弁護士費用は発生いたしません。また、法律相談の結果、事件として弁護士が正式に受任することとなった場合には、相談料は発生しません。相談料は着手金等の弁護士費用に含まれます。

    相談者の方の経済状況により、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助制度を利用することで相談料を30分無料とすることも可能です。当事務所もしくは法テラスまでお気軽にお問い合わせください。

  4. 事件依頼

    必要に応じて弁護士に事件をご依頼ください。事件の見通し、難易度、経済的ご事情などを案件毎に個別に検討し、弁護士費用をお見積もり致します。どういった費用が発生するかについては十分にご説明させていただきます。

    弁護士に事件としてご依頼いただくことになった際には、弁護士費用等を明記した委任契約書を作成いたします。

    弁護士に依頼されるかどうかはご相談者の自由です。その場で依頼されるかどうかを決める必要はございません。弁護士の見解や、費用等を考慮した上で、じっくり考えてから決めて頂いても結構です。

  5. 事件の着手・進行

    契約方針に沿って交渉・訴訟等を進めていきます。

    事件の処理方針につきましては、都度依頼者のご意向を確認し、柔軟に対応して参ります。必要に応じて、お電話・メールもしくは事務所にお越しいただきお打ち合わせをさせていただきます。

  6. 事件の終了

    事件の結果に応じた報酬金、実費等をお支払いいただきます。

おことわり
反社会的勢力(暴力団、ヤミ金融等)の方からのご相談・事件のご依頼はお断りしております。
あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ